より高く売りたい方へ「仲介売却」

  • TOP
  • より高く売りたい方へ「仲介売却」

不動産会社が間に入って行う「仲介売却」について

所有している不動産を売却するには、適切な価格設定する必要があるほか販売活動も行わなければなりません。不動産会社に買い取ってもらう方法もありますが、それでは価格が下がってしまい、なかなか希望価格では売るのは困難です。より高く、よりよい条件で売却するためには、専門的な知識や実績を持った不動産会社に間に入ってもらう「仲介売却」がおすすめです。

こんな悩みありませんか?

  • 転勤のために家を手放すことにした
  • 家族が増えて家が狭くなったので引っ越したい
  • 不動産を相続したものの活用できていない
  • 親との同居を考えているため、狭い家から広い家に住み替えたい

より高く不動産を売りたいなら仲介売却

より高く不動産を売りたいなら仲介売却

「仲介売却」とは、所有している不動産を売却するために不動産会社に間に入ってもらい、適切な価格設定や売却活動を依頼する方法です。不動産が売却できた場合、売主は成功報酬として不動産会社に仲介手数料を支払う契約になります。

個人で不動産を売却するのは困難ですが、不動産会社を間に入れることで適切な価格設定ができるほか、専門的な販売活動を行うことができます。

仲介売却のメリット・デメリット

メリット
  • 売却活動をすべて不動産会社に任せることができる
  • 他の売却方法と比較して、高額で売却できることが多い
  • 動産をそのまま現金化できるため賃貸よりリスクが少ない
  • 不動産の価格設定を自分で決められる
デメリット
  • 不動産が売却できるまでに時間がかかる
  • 広告などを出すことで近所の人に売却を知られることがある

3種類の媒介契約

仲介売却を行う際には、不動産会社と売主様との間で「媒介契約」という契約を結びます。この契約は「一般媒介契約」「専任媒介契約」「専属専任媒介契約」という3種類に分かれます。

一般媒介契約 複数の不動産会社と同時に契約を結べるため、多くの情報を流しやすくなります。ただし、レインズへの登録が必須ではないため検索しづらくなり、立地条件によっては見てもらえないこともあります。
専任媒介契約 不動産会社1社としか契約を結ぶことができませんが、責任を持って取り組んでもらえます。不動産売却のための販売活動はすべて契約した1社に頼ることになり、他社のサービスを利用することはできません。
専属専任媒介契約 不動産会社は1社としか契約を結ぶことができないものの、責任を持って取り組んでもらえます。売主様が自分で買主様を見つけることはできず、不動産会社に任せる必要があります。
媒介契約はなぜ必要?

媒介契約には、不動産業者が行う売却活動や、売主様との契約期間、仲介手数料の金額など、仲介売却に関する詳細な条件が記載されています。こうした詳細な契約内容が記されているために、後々になってトラブルが起きにくいという大きなメリットがあります。

仲介売却の流れ

Step 01 ご相談・査定依頼
まずは不動産会社へ問い合わせて、売却を考えている不動産の相場について調べましょう。無料査定を活用することをおすすめします。
Step 02 物件調査・価格提示(査定書提出)
不動産会社が現地調査を行って、売却を予定している不動産の状況や周辺の環境、市場相場などの条件をもとに査定価格を算出します。
Step 03 媒介契約の締結
仲介売却を依頼する不動産会社が決定しましたら、媒介契約を締結します。
Step 04 売却活動
不動産会社がチラシやインターネットなどを活用して不動産を宣伝する売却活動や、購入希望者との交渉がスタートします。
Step 05 売買契約
不動産の購入をご希望の買主様が見つかりましたら、売買契約となります。
Step 06 代金授受・物件引き渡し
不動産の代金を受け取り、物件を引き渡します。
Step 07 譲渡税の納付
物件の引渡しが完了しましたら、譲渡税を納付して仲介売却は完了となります。